クラフトハートトーカイをはじめとするクラフトグループ店舗での布生地の買い方をご案内します。

布・生地の買い方1

お店では様々な方法で生地が陳列されています。
長く巻かれた布生地は「反物(たんもの)」と呼び、反物生地は、お客様のご要望の長さにお店のスタッフがカットいたします。

布・生地の買い方2

生地は棚から取り出してOK! (取り出すのが難しい場合や持ち運びが困難な場合などは、お気軽にお近くのスタッフにお知らせください)
生地を取り出したら、レジ付近にあるカット台へお持ちください。

※店舗都合により、カット台がレジ内にある場合もございます。

布・生地の買い方3

スタッフに欲しい長さをお伝えください。トーカイグループ店舗では最短30cmから、10cm単位でお求め可能です。
カット後に生地と商品タグをお渡ししますので、そちらを持ってレジへお越しください。(お会計時にカットを行う店舗もございます)

カット後の生地は、お客様都合での返品はできません。サイズや生地素材等、十分ご注意ください。

生地の買い方4

10cm単位でのカットになりますので、端数でのカットはお受けできません。また、生地巾(はば)のご指定はしていただけませんのでご了承ください。

※生地巾は商品により異なりますので、必ず商品タグをご確認ください。詳しくはこちら

生地の巾(はば)について

生地の巾について

すべての生地は巾(はば)が決まっていますので、お客様にご指定いただくのは「長さ」部分となります。巾のカットはお受けできませんのでご了承ください。
【例】「約108cm巾」と書かれた生地を90cmでカットした場合、約108cm×90cmサイズの生地になります。

トーカイグループ店舗(クラフトハートトーカイ・クラフトワールド・クラフトループ・クラフトループ)では最短30cmから、10cm単位で生地をお求めいただけます。

反物は主に「丸巻(まるまき)タイプ」と「半折(はんせつ)タイプ」があります。
生地が円柱状に巻かれた「丸巻タイプ」は、見たままの生地巾になりますが、生地の巾方向に半分に折って巻いてある「半折タイプ」の場合はそうではありません。半折タイプの生地をご購入の際は、必ず生地巾をお確かめください。
(多くの生地は巾105cm前後です)

生地タグの見方(反物の場合)

生地タグの見方

【例】1mの価格が「本体 900円」の場合
30cmをお求めの場合 900×0.3=270円
1.5mをお求めの場合 900×1.5=1350円

※実際のレジでの販売価格は、税込1m価格✕長さです。

生地を長めに買ってほしい2つのケース

CASE1
「柄が大きめ」「柄に向きがある」など
柄の出方に調整が必要な生地の場合

ぴったり買うと長めに買うと

生地の柄が大きい場合や、柄合わせが必要な場合、柄に向きがある場合、総柄でもキャラクター生地などで柄の出方にこだわりたい場合などでは、作り図指定の用尺より多めに必要になることがあります。
その場合、通常より2~3割(柄の一送り分)多く用意するのをおすすめしています。

CASE2
天然素材(麻・コットンなど)が含まれた
縮みやすい生地の場合

洗濯したら…

買ってきたばかりの生地には隙間や歪みがあります。そのまま作ってしまうと、洗濯したあと作品が歪んだり縮んだりしてしまいます。
それを防ぐために、裁断する前に水や熱を使い、地の目を整えなければいけません。これを「地直し(水通し)」と言います。

生地にはそれぞれ「収縮率」があります。「収縮率」は、水に濡らし乾いたあとその生地がどれくらい縮むかを表しています。例えば収縮率5%と書かれた生地は、1mだったものが、水通し後は95cmほどになることを表しています。(地の目を整えると、実使用できる長さはさらに短くなります)

生地の中でも特に気をつけたいのが、麻や綿が入った生地。天然素材のため、水に濡れると縮みやすい傾向にあります。綿麻キャンバス生地やガーゼ生地などは特に縮みやすいのでご注意ください!
生地は収縮率をチェックした上で多めにお買い求めください。

生地はご注文いただいた長さより余分にカットしておりますが、生地の性質上、もう一度測り直すとちょうどの長さになる場合がございます。
長さがご注文より1mmでも短かった場合はお渡しできない商品となりますが、ご注文の尺を満たしている場合は余分がほとんどない場合でも返品対象となりませんのでご了承ください。