ミシン糸と手縫糸との違いは、糸にかかっている「より」の方向です。
糸は、細い複数の糸をよって(ねじって)1本にしてありますが、通常、ミシン糸は「左より(Zより)」、手縫い糸は「右より(Sより)」によりがかかっています。

ミシン糸と手縫い糸の違い

手縫い糸をミシンで使用すると、よりが逆なので、糸が切れやすくなる恐れがあります。