ニット用の針は、「ボールポイント」といって、針先を丸く加工してあります。
したがって、ニットの編地を切らずに縫うことができますので、目飛びせず、きれいに縫い上がります。
ニット糸も伸縮性がありますので、生地が伸びた際、糸切れが起こりにくくなります。